エソラゴト編考察:普がアンタレスを見て言った言葉の意味

エソラゴト編では寧々と普が旧校舎の屋上で星座観察をしていました。
この時、普が観察していたのはサソリ座のアンタレス。
サソリ座って低い位置に昇る星座なので、自分が昔、家の近くで見ようとした時は建物に隠れて見えなかった記憶があります。学校の屋上で観察できるなんていいなぁ。

どうしてあの時、普が観察していたのがアンタレスだったのか、どういう意味があったのか…思う事を語らせてください。

“エソラゴト編考察:普がアンタレスを見て言った言葉の意味” の続きを読む