第87の怪 ??? メモ

本音勝負、今回は源兄弟でした。題名はどこに書いてあるんでしょうか…?彼岸行 其の四かな。見つけられませんでした。


昨年の77の怪企画『シチュエーション選抜』の結果とそれぞれのイラストが掲載されています。

もう一つの企画『キャラクター診断』はまだやっているみたいですよ。

(キャラクター診断で『つかさ』は『誰にも言えない秘密がある』がNOの方に居るので、やっぱり言う事に嘘がないと考えて良いキャラクターなのかもなと思ったりしました。放送室のつかさが自分の事を『双子の弟』だって言うのは…本当なのかな…)

シチュエーション選抜結果、どれも素敵でしたが『Q.幸せな結婚をしそうなのは?』のウエディングドレスの寧々の絵は何だか不思議でした。

ひざまづいて祈っているようなポーズなのですが…これは…本当に結婚式の絵…?

巫(カンナギ)は『神和ぎ』(かんなぎ)という神に祈りを捧げる行為そのものを指すという説があるらしいのですが、この寧々は新婦ではなくて巫女の役割を果たしているのでは…と思ってしまいました。

神和ぎは願いを叶えてもらうためや神託をもらうために行われるらしいので、花子くんに願いごとするのを象徴しているのかな?

表紙の絵

花子くんとつかさが恐竜で遊んでる。花子くんがアロサウルスみたいな陸生の恐竜、つかさがモササウルスみたいな水棲の恐竜。陸と海で此岸担当と彼岸担当の2人を表しているみたい。

おまけのシール、画集第2弾の3人ですね。花子くんの胸は楕円形の穴が開いているような模様なんだな…。右の羽が覗いてるデザインが素敵。

でもこの鳥の右の翼、人間の手に置き換えると手を振り上げているのを下から見上げているように見えなくもないんですが…

この模様、画集の表紙ではオウムに対しての『秘密』のポーズの左腕で隠れているけど、この喫茶店の店主さんの秘密はまさか…と勘ぐってしまいました。画集発売はまだ先なのに楽しませてもらっています。

—-

逃げる花子くんを斬ろうとする輝を光が止める

寧々の味方でいると約束した、と言う光(28の怪のシーン)

輝『味方ね…』『ヒーローごっこもいい加減にしろよ』

自分に対する態度がいつもと違う事を感じた光

輝『戦力になるとは最初から思っていなかった』

『こんなことなら家で夕飯でも作ってくれていた方がよっぽど助かる』

ヒーローごっこじゃない、怪異と関わっている時の輝は少しおかしい、怪異は絶対に悪で関わるのも間違いってそんな

『おかしい?普通じゃないかもね

祓い屋としてはこれが正しいんだ

なんでそんなこともわからないんだ』

『知らねーよそんなこと!』

自分をそういったことから遠ざけてきたのは輝だ、惨めだと訴える光

輝が光に詰め寄る

『それはお前が弱いからだろ…!』

『けど時々…お前の弱さが羨ましいよ…』

何やってんですか!と茜が止めに入る

葵もいる

可愛い弟に噛みつかれたからってやりすぎ!

源後輩はまあ…がんばって…

茜の慰め方、雑!

(守ってくれなんて頼んだことねーだろ…)

足を踏み出した光、背後に大きな穴が開く

輝が光を引き寄せた時、現れた六番に輝の右肩がばっさり斬られる

・輝は光の相手する時は雷を出さない、電車に押しつける時も刃を自分の方に向けている。弟を本当に大切にしている。

・28の怪で輝は『知らないことは強固な守りになる  この世界には知らない方がいい事が沢山ある』と寧々に語っている。多分同じ考えで光にも何も語らなかったんだろう。花子くんと輝は結果的に似たような行動をとっているように見えますね。大事な人に肝心な事を話さないで抱え込んでしまう。

・輝が本音を語る時は怖い顔になりますね…。輝スマイルは基本的に作り笑い?

・アオちゃんは『本音を語ってくれない』事で茜君に怒っていましたが、放課後17日目とかで源先輩を敬遠していたのもどこか作った雰囲気を見抜いていたからなんだろうなあ

・『味方ね…』で苦笑するしかないといった感じの輝、寧々の味方のつもりで花子くんを助けた事が、後々寧々のためにならない事を知っていそう

・輝は、怪異を倒す時の表情を光に見られないようにしてきたんじゃないかと思うんですが、今回『弱いからだろ』と言う時も光の腕を背後から掴んで自分の顔が見えないようにしていました。刀の柄で読者にも表情がわからないようになっています。普段仮面を被っている分、これ以上素の顔を見られたくなかったのかな。『お前の弱さが羨ましい』と言った時、どんな顔してたんだろう。輝は攻撃専門の退魔具使っているのに檻作ったり、強さに規格外な所が所があるので、花子くんと同じように何か事情があるのかな。
花子くんは本音の時に顔が良く見えるのに対して、輝は見えないように描かれることが多い気がする。

・『宿泊学習』で光が自問自答した『俺にできることって何だろう?』に対して、今回、輝は怪異に関して光ができることは『何もない』と残酷に結論付けたように見えました。
『ミツバ』の怪で、花子くんは光の行動に対して『君なら三葉の未練を断ち切ってあげられるかと思ったけど、逆効果だった』とこれまたバッサリ言っています。光も自分は何もできなかったと思っていた。
でも、19の怪で三葉は階段で写真を撮った後、光の背中に『きっと大丈夫だから』と発言して、未練が断ち切れた事を示唆していたので、三葉は光がやってのけた事を知っていた。そのあとすぐに『昇降口の首折りさん』に変えられてしまったせいで誰も知らない事実になってしまいましたが…
光が役に立つことを教えてあげられるのは、お兄ちゃん陣営ではなくてミツバだけなのかもしれない。

  • 六番は境界でも地下にいるから穴から出てきたのかな?それとも彼岸は地下にあるのかな。
  • 前回行方不明の白杖代、助けてくれないかなあ

メッセージを送る

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

お名前は自由に変えてください。そのままでも大丈夫です

いただいたメッセージ
(ありがとうございます)

  1. 恐竜まで…細かい。水陸かぁ(ゴジラもそうだね)
    源輝に要なのは「休暇」だと思う…(お兄ちゃん、疲れてるよ)
    光くんは「がんばって」(←)乗り越えてくれとしか…
    しかし、あの最強の源輝を(庇ったとはいえ)一撃でバッサリの六番、の首魁が七番って怪異の序列って何だろう?

    ちなみにキャラクター診断は何度やっても「ミツバ」でした・笑(←やった)

  2. 全く気付かずに73の怪 源家にての考察にコメントを送ってしまいました。
    一年以上前のものにすみません!
    見ていただければ幸いです…!

  3. 弟の光に対して輝はいつも笑顔でこたえていたんですね😖本当はずっと本音を言いたかったけど、いつも言ってしまいそうになるのをグッと堪えていたんだと思うと、なんか我慢してる所が兄だなとおもいました。光と一緒にいて嘘をつける人なんていないはず…うっかりあれもこれもと話してしまいそうになる魔法にかかりそうです😖

  4. 源兄弟喧嘩は祓い屋としての光が弱いって怒ってからの、茜が兄弟喧嘩をというよりは輝を止めに入ってから光が考えているとこに六番が来たのを察知した輝は光を助けて腕が……

    その光景を見た茜と光だけど、これで輝が茜に要求した「近いうちに弟が蒼井に頼ってくる、その時は弟を補佐し助けて欲しい。全ての能力を使って光を守ってくれ」は輝の表情で自分に何があったら茜が守って助けてくれると理解していたのかな?
    来月号が気になる、光は輝が好きだから茜を絶対頼るのは間違いないね。