第76の怪 赤い家 ネタバレ注意

つ か ま え た

部屋から現れた少年と向き合う2人

寧々『捕まえた!!』

少年に抱きつく

背景はいちごの花と実

この子はきっと花子くんの関係者
体温も脈もあるから人間
それならきっとこの子は花子くんの子孫だと言い切る寧々

光は花子くんよりつかさを思い出している

そんな話をしていたら寧々の足元の床が抜けた

(バキャッという音と一緒に『ギャッ』ってあるけど…寧々の悲鳴…ですよね?)

チビ柚木君を抱えて外に出ようと階段を降りる寧々

チビ柚木君『やめたほうがいーよ
おこられちゃうよ』

どこかを見て言う少年

アイスとか好き?と語りかけている寧々、外でアイスでも食べながら話を聞くつもりなのか

光がスマホを取り出し輝に連絡しようとすると、スマホに寧々が開けようとしている扉の飾り窓から巨大な顔が覗いているのが見える

何かおかしい、光は寧々が出口の扉を開けるのを止めようとするが間に合わない

扉を開けてしまった寧々、ドバッと出てきた黒い影に取り込まれてしまう 

ブツンと光の意識が途切れ、ソファで目を覚ます
足元に雷霆杖

ひとよ

ふたあき

みなそこへ

よあかし

つきまち

あさを…

宿泊学習の冒頭やエレベーターに案内してくれた幽霊が歌っていた月待ちの歌を歌うチビ柚木君

起きた?と振り返った目は真っ黒

さっそく睨みつける光

お前、花子の弟だろ  と畳みかける

『あの子ならつれていかれちゃったよ』
扉を指さす少年

寧々が開いた観音扉の右側だけがある

大きな顔がのぞいていた窓からは黒っぽいものがべしゃっと垂れている

おれはここから出たらいけないんだ
なのに連れ出そうとなんかするから
怒らせちゃったね

ちょっと嬉しそうに言う少年

男の子がそっちから帰れるよ、と指さす方向を見ると、扉の左側がある

光、逡巡して寧々が開けたのと同じ、右側の扉を選ぶ

帰れなくなるよ、少年の言葉に、テメーのことは許さねえ ずっとな!と啖呵を切る

中に入ると、壁には大量の蛇口(水が溢れている)

そこらじゅうに時計

足元に水はない

『ねーねー こーくんはねねちゃんがスキなの?もうちゅーした?』

『わう』

今までつかさや花子くんが言っていたセリフを言う少年

ねーねー、おてて繋ごう?と手を差し出してくる  右手だ

ものすごく嫌そうな顔をして立ち去る光

ここは俺の家だから詳しいよというチビ柚木少年

ここには色々な人が来たという

男の人  女の人  家族

いまもまだここにいるよ

ゾッとする光  手前にアザミ?の花の花瓶

また『おててつなぐ?』と右手をさしだしてくる少年に

『繋がねえ』
とそっけない返事

光、チビ柚木君を抱えて寧々の探索に向かう

・月待ちの歌、数え歌になってたんだなあ…(気づいてなかった)  七不思議と同じで『しち』まであるのかな?

ひとよ  ふたあき  みなそこへ (ひ ふ み)

よあかし つきまちあさをまち

いつまででられぬ むつめあみ(いつ む)

これ、普通に読むと

一夜  二秋 皆そこへ

だけど、

人よ  蓋あき 水底へ…

とも読めますね…??ひとよは人の世…?

人が水の底に沈む。

・寧々はイチゴがよく背景に出てくる。頻繁なので意味がありそう。単純に花言葉の『愛情』という意味…?イチゴは聖母マリアが好きだったという話から転じてなのか、『子供』や『母性』のメタファーになることもある。『一期』とかけてあるわけじゃ…ないですよね…?(仏教で一生や臨終という意味)

・光のスマホに映った顔は寧々が開けようとした扉の飾り窓一杯のサイズなので、2人の身長並みに大きかったことになる。位置的にも光の正面に扉があるので絶対に映らないはず。ホラーです

・扉を開けた時の黒い影は百足、蜂、蛾を含んでいた。六番の境界にも沢山いた(葵は百足に乗っていた)古事記には百足や蜂は死者の国に居る生き物とあるので、寧々はそちら方面に連れて行かれたのかな 

というかこの『蜂』(針持ってるからそうとしか思えないだけだけど…)微妙に蝶みたいな羽の形をしていて目が大きくて、凄く不気味

・『今もまだここにいるよ』のシーンの手前の花は…アザミかな?北欧神話で雷の神様の花だけど、それが折れて生けてあるのが怖い。光もこうなるよって言っているようで

  • あの歌の続き知りたいような知りたくないような…『七(しち)』とか死地になってそう
  • 『捕まえた!』と言った寧々が捕まっちゃった…

+9

メッセージを送る

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

お名前は自由に変えてください。そのままでも大丈夫です

いただいたメッセージ
(ありがとうございます)

  1. やっぱホラゲになってる。。。
    私は今週にはジーファン届くから待ちまーす!

  2. 寧々と光どうなるのかな?

    光は時計いっぱいあるとこで、助けを待ちながら寧々を救うのかな?
    時計いっぱい=茜の能力で光が頼って来る?

  3. 勘違いだったら、ごめんなさい。血がついてる扉は寧々が開けた後左右逆になってます?あと、他にも聞いてほしいことがあって、窓を覗いていた目はいつからいたんだろう。突然現れたように見えたけど、ずっといたかもしれない?
    ひょっとしたら、向こう側の扉は逆さまだったんじゃないかとも思いました。

    1. 確かに覗いていたってこと二人がつかさ?に会ってからなのか…?
      光がスマホ画面を見て気づいたぐらい不気味ですけど、かなりホラー回だぞ?

  4. あれは普ではなくって、つかさだと気づいたのか思っている。

    ・光はつかさを一生許さないところまで、茜と似ている。
    茜は花子くん=普を一生許さない感じで、茜と光は「次に会ったらぶん殴る」系の熱血な二人。

    ・光は扉を見て迷い、二度とこの家に入れないと思ってアノ扉に入って行く。
    輝からの連絡も出来ずに行った。

    ・アノ扉に入ると❮時計だらけ❯ってことは、時計守りが関係してる?
    もしくは一部の時計守りの境界?
    つかさの発言で「男の人、女の人」など言っている時点で、蒼井家の誰かと赤根家の誰かがいる感じ「いっぱいいるよ!」って言っているから危険な素性が明らかにするってこと茜入るな!

    ・そして柚木兄弟の口癖の「わう」が出たよ!
    もう、つかさ確定で輝が光からの連絡が途絶えた時点で、呪いの家に入って出られなくなったと生徒会組が助けに行きそう。

    1. ❴追加文❵

      ・あと、光に手を差し出すのが右手のつかさも実は茜を狙っている感じかなぁ?
      光が茜に頼る&茜の全ての能力がこの展開で、光寧々の二人を助けに向かう予感する。

    2. わっ長文嬉しいです。ありがとうございます。
      きっと数えきれなかったんだな。そんなに大勢の人がここに来たことがあって、今もここにか。50年くらい経ってるから相当…その人たちは、つかさと同じく体温があって、脈もあるのか、でも光が寧々を助けに向かうんだからきっと普通じゃなさそうな。普通のこどもでないなら、その人たちも普通じゃないんだ。
      輝と茜と光の力を合わせる時💪

      1. 普通じゃないってことか?
        それ以上につかさが続けて「家族いっぱいな人も」って言っていますけど、これは蒼井家が時間の能力で柚木家を時間を止めさせたってことで茜の両親がここに居るってことも、源家の母親や間違いなく「家族いっぱい」は蒼井家・赤根家・源家の3組家族を表しているように思いますね。

  5. はじめまして!いつもこっそり読ませていただいてます。寧々ちゃんのイチゴの件ですが、巫はイチコとも呼ばれているらしいので、それとかけていると思ってました。

  6. 変だなと思ったので、メッセージ送ってみました。巫が流れつく場所には、お兄さんと寧々ちゃんと巫以外の姿は見当たらなく、女の人や男の人、家族はいなかったので気になりました。どこか別の場所へと送りこまれちゃったんでしょうか。赤い家其の五を読んでいて、つかさくんが言っていたことを思い出しました。巫の流れつく場所は、赤い家で出てきたここにいるよと同じなんだと納得しています。

    1. 同じだとしたら、ここにいるはずの人たちがいないのは変だと思ったしだいです。

  7. 生徒会コンビの茜が赤い家に行ったら、茜の謎と柚木兄弟の謎が繋がりそうなのは私だけでしょうか?
    赤い家は時計だらけだったことに茜が関わっていそうだし、実は茜が時計だらけの中で花子くんのやった罪とかを過去にタイムスリップしたのではないかな?

    そこで赤い家に行ったら茜の今までの記憶と能力が、封印が赤い家で解かれるのではないかと予測してる。

    1. ❴追加文❵

      もしかしたら柚木兄弟の家の謎の「赤い家」が終わったら、今度は茜サイドに切り替わりそう。
      茜の能力と素性の謎が明らかになる気がする。

      次巻の16巻の表紙の予想が①源兄弟と茜の三人、②光と茜と司の三人、③寧々と光と茜の三人です。
      私は③の重要人物の三人が表紙になる気がします。
      皆さんは誰かなりそうか予測してますか、この番号にない人物だったら教えて👂?