第71の怪 断絶 メモ

ネタバレ注意のザックリメモです。
Gファンタジーぜひ読んでください…



扉絵、暗闇のオバケ、花子くん
『一 二 三 三 四 六』と書かれた電球、二と四が割れている

花子くんは完全に割れた電球を持っている(『七』かな)
題字の『地』の下に隠れているのが五かな?三は…二つある?

『誰も知らない 誰にも教えない』


新校舎、輝と茜
葵がいないことに気づく

『赤根さんはここにはいない
戻って来られる状態じゃ なかったからね』

あの場所に足を踏み入れた時点で
彼女はもう生者ではなくなっていた

輝の言葉に葵を探そうとする茜だが体が動かない

無理に動こうとする茜を殴って止める輝

自分たちが通った道はもう閉じているから無理だという

『なんで僕だけ連れて帰ってきたんだよ…』
顔を覆う茜

それを見つめる輝だが、ダレカ…と呟くイモムシ怪異が邪魔をする(この怪異も手で顔を覆っている)

輝が相手をしていると急に怪異が三角の破片になってバラバラに砕け散る

輝、茜のジャケットの襟首を掴み
『時計守に会いに行くよ もう時間が無さそうだ』

旧校舎、花子くんが二階の窓枠に座っている

花子くん!探したのよ…と寧々が来る(エレベーターはキングもっけと戦った資料室と同じ並びの旧校舎の一階だったので、多分一階から二階に一人で移動したんだと思う)

六番さんを見つけて葵を助けよう、と言う寧々に花子くん

『そろそろだなぁ』

真夜中なのにチャイムが鳴る
なにが始まるの…と問う寧々、真っ暗な目で花子くんが答える

『断絶だよ』

花子くんの体が三角の破片に砕けてきている

贄の娘が捧げられたことで
ヒトと怪異の世界は
これより明確に分かたれる

花子くんが寧々を抱きしめ、寧々の記憶を消そうと額に手を伸ばす

『やめてっ!』

バチッとスミレの鈴が寧々の身を守る

ドン、と黒板脇の本棚のところまで下がる寧々

『花子くん…いま私に何をしようとしたの…?
忘れるってどういうこと?
それに葵のことって…』

無表情で寧々を見つめ返す花子くん

『花子くんいつもそう
誰にも何も言わないで
ひとりで勝手に決めて…
また何かしようとしてる?
いま何が起きてるのか…
ちゃんとわかるように話して!』

はぁ、とため息をつく花子くん

『ヤシロの願いを叶えたんだよ
本当の世界でもっと生きたい…
さすがに100歳まで伸びたかはわかんないけど』

どうして?と聞く寧々に、
花子くん笑顔で答える

『アオイちゃんが代わりに死んだから』

呆然とする寧々

え?

何言ってるの花子くん

私の寿命と葵は全然関係ない

それに花子くんだって

これから一緒に葵を助けに行くはずで…

ねえ 嘘 だよね…?

『私…そんなこと望んでない』
『葵が私の代わりにしんじゃうなんてダメそんなの嫌…!』

『…だろうね

でも俺 アオイちゃんよりヤシロの方が好きだからさー
ごめんねでもダイジョーブだよ
俺ももう消えるし
今すぐとはいかなくてもいつか忘れられるさ』

ビンタしようとする寧々だが、
顔が砕けてきている花子くんにはできない

すがり付き、小さな声で言う

『いかないで…』

驚く花子くん
泣く寧々を見て何か言おうとする…何か言葉を飲み込んだような…帽子を取って

『…ずっとあのままでいられたら良かったね』
背景、トイレの三人

『いや

俺も…ヤシロと一緒に生きてみたかったな』

寧々『なんで…』

花子くん、消えてしまう

・輝はよく茜を引きずっているイメージあるけど(27の怪←三人の時計守のラスト) お腹に穴が空いていてもそれは健在。

・花子くんは本心を語る時は帽子を取る
帽子のつばに手をかけた時は、心の準備要る

・花子くんが今回座っていたのはあの柚木普が『もうどこにも行かないって決めたから』と言った旧校舎の2年2組の大窓。寧々がドンって下がった黒板脇の場所は22の怪で柚木普がカーテンにくるまってたり、27の怪の時計守の時に花子くんが寧々を休ませた、彼にとって思い出深い場所。だと思う。

・前回は寧々の胸元に葵と同じような穴が空いていたけど、今回はない。もしかしたら単行本では前回の寧々の胸の穴は直されるかな。自分はあれは葵が『薬を飲まされて心をなくしてしまった』のを表しているのかなと思っていたので(宿泊学習前半では葵はちょうどこの穴の部分にハートが描かれたTシャツを着ていて、それが失われてしまった、という意味かなと)もし訂正入ったらしっくりくるなぁ。それにしてもあの薬…さてはちょっとの間しか効果ないな…??

・寧々が花子くんに『嘘』と言ったのはこれが初めてかな…?確認してみよう

・三角形の破片は『此岸と彼岸を隔てる壁が割れた破片』っていう意味合いかな。境界が壊れた時にも出てくるけど、もうちょっと大きな意味で使われている気がする。この『彼岸と此岸の間』は夕焼け空で表されていることが多いと思っていたけど(日中が此岸、夜が彼岸を象徴していて、その中間が夕方…1の怪の言葉で言えば茜の斜陽) この破片というか、割れる前の目に見えないカベは『花子くんと寧々の絶対に超えられない壁』なのかも

・ミツバや土籠先生も…消えてしまったのですか…!?

  • 寧々の寿命の問題は本当に解決されたんだろうか。24の怪の時点で寧々と葵、二人ともミライの被害に合わなかったから、あの時点で既に二人とも寿命の期限が来ていたのでは…だったら『入れ替わって』はいなくて、まだ寧々の寿命問題は解決されてないんじゃ…?
  • 今回も特大の満月。昔は希望だったものが、今は重くのしかかる重荷になっているように見えます

+14

メッセージを送る

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

お名前は自由に変えてください。そのままでも大丈夫です

いただいたメッセージ
(ありがとうございます)

  1. コメント失礼しますm(_ _)m
    今回の表紙ですが、一の電球は3つ並んでいるので時計守の3人を表していて(よく見ると3つの電球全てに一と書いてある気が…)、三の電球はミツバとカガミジゴクを表しているのだと思います!

  2. 前半の葵ちゃんが死んだというところまでの花子くんの顔がつかさくんに似ている気が…

    1. 間違えました
      寧々ちゃんの願いを叶えたというところまででした

  3. いつか全部教えてくれるんじゃなかったのか…花子くん
    ( ´-`)

    1. 残りのよりしろはどうなるんでしょうね
      七番の電球が割れてるのも気になる

      1. 私は『この怪(回)では七番(花子くん)が消えますよ~!』的な感じカナー?なんて思ってたんだけどやっぱ引っ掛かる…。
        (来月号の表紙どんなやろ。ちょっと怖いんやけど…。)

      2. 2、5、4番の電球が割れてるのは、よりしろを破壊したからだと勝手に思ってる。3番が2つあるのは分かんないです。そういえば、よりしろと関係ない3番の境界にあるカガミは割れてる。よりしろとカガミのこと?
        断絶したら、カガミも元に戻って主人もミツバくんじゃなくて、カラスみたいな怪異に戻る

        1. ミツバくんが消えて、カラスの復活だから片方割れて、割れていた電球はなおる?
          断絶は何かを元に戻す手段だったのかなと思いました。

    2. 何かまだ登場する気がする。だって主役だよ?消えちゃ話成り立たんって。
      教えるまでは、ずぅーっと、ヤシロは花子くんの助手。約束したもん。(推しを信じる!)
      記憶消そうとしたのは寿命が延びたからなんだし。(寿命が短いから花子くんとも出会った)

      早く戻ってこい花子くん!!

      1. 早く戻ってきて、なんでもいいからいいわけをして欲しいと思ってしまう( ゚ 3゚)なぁ
        断絶する瞬間に素直になるなんてずるいよなぁー花子くん。って思いました。

        1. ずるいっ…!最後の最後までヤシロを悲しませんの!?ひっど!!

          ~あの笑顔の花子くんとヤシロは何処へ…~

  4. 嫌だぁーーーーー!!何でこうなったの?涙止まらん~!エソラゴトで言ってたじゃん!『主役を欠いた世界は崩壊する』って!!
    な~ん~でぇ~!?

    もうやだよ…。

  5. ヤシロ、花子くん叩かなかった。。。優しい。そして可哀想。だけど叩け!!こんなヤツ!!

  6. 花子くん1の怪で寧々に嘘つき呼ばわりされて、今月号もされたとは‼️

  7. こんちは。運動会練習で全身筋肉痛のかのの(ぴえん)(おまけでぴえんつけた。)デース。

    次回話72話、時計守のところに行くと言ってたからカコの力で茜の怪我を治すのかな?
    あとはー、あるとしたらあのシニガミ待ちの男子三人組かな?(ミツバが消えてく~。。。)
    ミツバといったらあの七不思議三番のライト。
    二個ある。。。可能性があるとしたらあのカラスだよね。
    『…存在してるの?』ってなるけどね。
    あと一番がライト三個。ってことは茜も入っている。あれ割れたらどうなるん…?茜、あの姿やと怪異なのに。消えたりせんのん…?ダイジョーブ?(ちょっと心配になってきた。。。)

  8. 花子くんが欠けて消えたから、茜も怪異姿で消える可能性があるけど死と消えるの二択になっている。

      1. 茜の運命が消えるor死ぬの二択のどちらかになって、一角の怪異の時計守姿でまだいるってことは消える可能性大きく有り得る。
        普段の人間姿に戻ったら死ぬ可能性大きく有り得るってことになる。

        輝は時計守に会いに行くってことは、茜が消え欠けるってことも含めているんじゃないのかな?
        茜が輝に向けて「何で僕だけ、連れて帰ったんだよ!」って意味ありげに言い、茜の言葉を聞く輝は茜を見詰めていて「蒼井」って茜を見てた顔を上げていたけど怪異と戦う感じだったけど…
        輝はいつも何かしら茜に意味ありげに、把握しては回りくどいでしょ

        1. ・輝は茜に回りくどい説明をしているのは、茜がまだ知らないから守っている様に思う。

          ・あと少しだけ思ったのは、茜と輝の「期末試験」回から寧々達の「宿泊学習」に引き続き六番の境界に行き、今回で境界から現世に戻った花子くん達ですけど…
          終盤に入ったこれって、花子くんがメインではなく「茜と葵」のメインで、でも主には茜が中心のお話になったって意味では?
          エソラゴト編は寧々の寿命の話だった為で終わった回だけど、エソラゴト編が終わった後は、終盤に向けて行くサブメインだけどこの回はメインに中心に立つ茜の謎が知れる回で、葵と茜の素性の秘密を知れる回だと思います。 

          ・そして茜達の救世主は、輝だと感じれますね。
          輝は茜と同じく怪異が嫌いだけど、今回では怪異と一緒に加担するのでは茜を引きずって時計守に会いに行こうとしてるからには、生徒会コンビが協力するってこと!?
           
          私の3つの予想で答えて欲しいです。だからアメさん、やるさん、はエソラゴト編が終わった後の今回の話が「赤根」家についての話で茜がメインで話の内容の中心にいるって思いますか?
          そして輝は花子くんから茜を守っている様に、今回の救世主と思っているし時計守に加担する形になるのではと予想で思えます。
          これについての返信を聞かせて欲しいです。
          アメさんとやるさんの予想する考えを、待ってます。

        2. 【蒼井茜の運命】
          『怪異=消える 人間=死ぬ(寿命短縮)』
          、、、エー。こえー。。。
          ホントに次怪(回)どーなるん。。。

          1. 茜の運命がどっちみちバッドエンドで、輝は時計守に会いに行って茜の傷を直すって言ってたけど、輝は前回で人間姿に戻ったら即死、運が良ければごっそり縮むって言って「時計守だから耐えられる君だ、修復するまでは戻んない方が良い」と輝が言った。
            でも茜の傷が修復するまでって言ってた輝の言葉は、茜の傷を直すのに時間がかかるって意味で断絶して消える時間とともに❮修復された傷で、消え欠ける。❯この2つが同時に傷が修復されて直って、一番古い七不思議だから最後に消え欠ける時間帯になるのではないでしょうか?

  9. そういえば花子くんが赤根家(茜と葵)を狙ってくるのは、何かしら恨みがあるからかな?
    スミレのことを名前ではなく「あの子」って呼んでいるし、特に茜を狙う花子くんは特別の力である能力を持つ茜から奪うってことで何かしら昔に赤根家と蒼井家で花子くんが恨むことがあったってことではないでしょうか?

  10. あと輝が茜に要求したお願いで、まだ光が茜に頼って来ないから寧々の寿命は解決したから、花子くんと敵対になって茜に頼って来るのか?

    それとも輝が光の代わりに、茜に要求したお願いで今の展開を二人でってことだったら…茜の具体的な能力については輝か光のどっちで使うのって感じだねぇ(‘_’?)

  11. 輝が茜に要求したお願いは、寧々の寿命は解決したから、花子くんと敵対で味方になってと頼むってことが違う感じですね。

    輝は花子くんの計画も把握していて、光の怪異友達である「ミツバ」が関係して頼みに来そう。
    断絶でミツバも消える可能性があるし、茜も今の姿が時計守だから断絶して消える可能性がある。
    時間の問題で、いつ消えかけるか分かんないけど…
    花子くんが消えたから、生徒会「輝茜」コンビが本格始動開始して光がミツバが消えかけていたら合流する感じかなぁ?
    寧々とスミレは、どうなるのかなぁ?
    でも寧々が花子くんと一緒にいるってことは、今回の主な内容『葵を助けに行く』&『断絶を止めさせる』の二つだから茜達とは合流は今は出来なさそう。
    時計守に二人がもう会っていて、境界に入っていそうだから❓

    1. そういやスミレどーなるんやろ。。。
      スミレ死者だし消える可能性が高い…。

  12. 光たちはどうなってんだろな。生け贄からの断絶で頭追いつかない

    1. ミツバが消え欠けることで、茜と輝に相談して頼って来ると思います。
      輝が茜に要求した「光を守って、全ての具体的な能力を使って」を、あともうちょっとで能力が茜の隠された能力が開花!?

  13. ミサキ階段の時、桜が黒杖代を使って監視させ何をしようとしてたのか分からないけど、(そうそれじゃ上手くいったのね、良かった)と言ってた場面と白杖代から葵のことを聞いた花子くんは、(これで、寿命のことは完璧だね)と言ってた場面。似てる

    1. 花子くんにはまだ、気がかりなことがあるような言い方だし、桜の方は上手くいったけど、これで終わりではないみたいに聞こえる。

    2. 確かに二人の言ってること似てるけど…、花子くんが白杖代を使って葵と茜を監視してたのを当たり前の様にして葵の次は茜と言っている様にも思える。

  14. 花子くんは消えて、依代の破壊は止まった…けど…七不思議のリーダーが消えて、依代を壊されていない七不思議(1番、5番、6番)はどうなったの?結局花子くんの依代は…?寧々ちゃんが手にかけていないんだから花子くんは完全には消えてないはず…って考えでOKなんですかね。花子くんは七不思議と何かあったのかな…?もしかしたら先代の花子さんと会ったとか。それと忘れちゃいけない放送室組はこれからどう絡んでくるのか…15巻で完結するには回収してない謎と伏線が多すぎますね…これからの七つ柱のこと、花子くんはあんなに無情じゃないはず。桜さん死者説もまだ謎のまま。双子も仲違いしてる。赤根家と八尋家の巫娘入れ替わりの謎も…あぁ…「知りたいなら、いつか全部、教えてあげるよ。」あの言葉は嘘じゃないでしょ?帽子は外してなかったけどさ…ね?

  15. 続きが凄く気になる…葵ちゃん、好きだったのに死んじゃたのかな?