6巻メモ 28 さがしもの 其の一

さがしもの 其の一のメモです。

扉絵、寧々
学生服の誰かと双六している
双六の順番
赤根葵→ヤコ(弐)→生徒会 輝、茜(壱)→土籠(伍)→ハシゴか線路の次は光「3マス進む」→もっけ→折り鶴と目玉(七峰桜?)→『上り』に旧校舎屋上 塔が見える
包丁持って泣きべそかいてる花子くんのコマは既に上っている

恋は夏野菜 2人の恋の歯応え♫

寧々が歌いながらトイレに向かっているが花子くんが居ない

代わりにヤコが居る 背景ユリ

寧々が新しく流した噂
『最強恋愛パワースポットミサキ階段!!
その階段は愛し合う2人にピッタリな場所!
手をつないで愛を語りながら登り切った二人は永遠に結ばれちゃうか・も❤︎』

これのせいでヤコはお怒りだった
毎日毎日アベックがいちゃつきに来て鬱陶しいったらありゃしない!
寧々にかみつく
ヤコさんアベックという言葉遣いに時代が…
噛みつかれて花子くんに助けを求めると、花子くんは第二理科準備室だという

寧々、今度は第二理科準備室へ
土籠が大量の虫を持った光に迫られている
困る土籠、光を叱る寧々

光、以前蝶を食べていたし、プレゼントして土籠に頼みごとをしようと思ったという
土籠怒って言う『あれは厳密には蝶じゃねえんだよ』

どうやってこんなに虫を集めたのかというと、
光は輝と一緒に虫捕りしてたら輝のファンが集めてくれたという

こんなことまでして何をお願いするつもりだったの?
と寧々が聞くと、光が黙り土籠が『進路相談だ』という

花子くんはと寧々が聞くと、光と入れ替わりで実習園に行ったという

良いことあったから花子くんに自慢したい、
一番の依代壊さなくても良かったのかと相談したいと言う寧々の頭にポンと手を置く土籠

なんですか、と聞く寧々
いやァ、別に と答える土籠

第二理科準備室を出る寧々(虫渡された)
光が呼び止める
『何つーか…何があってもオレは先輩の味方ですから!
何かしんどいことがあったら…
オレの事思い出してくれたらって』

今後の伏線かな?

ふふ、わかった いつもありがとね光くん

寧々笑って実習園に向かう

第二理科準備室、土籠と光
『…何度も言ったが俺に何を言おうが頼もうが未来は変わらん』
先生、ニュートン読んでる 記事は系外惑星 トラピストだ(2016年に出た、恒星トラピスト系で地球に似てる惑星が見つかった話だと思う)

『それがあの娘の運命なら 死は確実に訪れるそういうものだ』
まあ…未来を知りたいってんなら少しぐらい構わんが
引き出しから伍 八尋寧々 の本を取り出す

書庫にはもう入れないが本を取り寄せる方法くらいならある

寧々の近い未来の記述を読む光だが…

嘘だぁぁぁ

光、何かにショックを受け部屋を飛び出して行く
遠くからドンという音とうわっ中等部男子が棚に突っ込んだぞ!という悲鳴が聞こえる(第一の怪で寧々が輝に突撃した時と同じ)

土籠『…大丈夫かアイツ…』

土籠の机の上で、宇宙ネタの記事が風で舞う

寧々の本のページ
『●月×日 天気はピカピカ晴れ模様☆

本日のビックイベント☆

寧々、花子くんに初めてのチュー!』

ページには虫籠、右ページに時計の振り子や旧校舎がある(直前の時計守の事か)三角形が散っている

・扉絵 コメントでも頂いたとおり、黒いコマがある。
自分は七峰桜かなと思うんだけど、どうだろう
寧々は光に会ったから『三マス進んで』一足飛びに旧校舎屋上に行った。
花子くんは七峰桜に会ったってことかな?
でも順番が違うんですよね…寧々は光の次に葵に会っているから、寧々が通った順なら光の次に葵が来てもいいような気がする。

・トラピストで見つかった惑星は複数ある。この時花子くんを探していたのは寧々だけではないっていう暗示…と思うのは深読みしすぎかな。
前話で、花子くんは光や茜と話したことで今まで諦めていた『寧々の死』に対して願いを持つようになってしまったんじゃないだろうか。
それを嗅ぎつけたつかさが接触したのでは…だからあんなにボーッとしていたんじゃないのかな…と思う。根拠は弱いです

  • 先生も系外惑星の話、盛り上がったのかな
  • 十六時の書庫の本、管理人が不在でも記録は続くみたい

+4

メッセージを送る

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

お名前は自由に変えてください。そのままでも大丈夫です