四島メイについての考察

『美術室のシジマさん』についての考察です。シジマさんはバラの花咲く明るい怪異。でも異様にクールで現実的な考え方する人でもあります。いろいろ謎が多い人です。



◆シジマさんは四島メイではない

シジマさんおさらい。
シジマさんは、人間の四島メイの幽霊ではない。死期が近い四島メイが描いた塔の絵から生まれた、四島メイとは別の存在です。(以下、人間の四島メイの事はメイと呼びます)

多分メイから生まれた瞬間までは同じ記憶があるんじゃないかと思うけど、生まれてからはメイを影から見守ってきた、どちらかというと双子や、姉妹のような存在なのではないかと思います。

寧々は夢の世界でメイこと『メイちゃん』に会い、『生前のシジマさん?』と言ってしまい彼女を黙らせてしまいますが…寧々は知る由もないですが、美術室のシジマさんはミツバと同じ、彼岸を知らない純粋な怪異です。

多分メイちゃんの方は、亡くなってからすぐ成仏して、今ごろどこかで絵を描いてパンケーキ頬張っているんじゃないかな…と思っています。100%想像ですが。

◆かもめ学園の生徒では…ない?ある?

四島メイの『塔』の絵は、かもめ学園の美術室にあります。でも、シジマさんの制服は寧々とは別のもの。もし別の学校の生徒なら、何故かもめ学園に別の学校の生徒の絵があるのか?これ、かなり不思議でした。

不思議だなーとtwitterで呟いていたら、色々ご意見いただけまして…めちゃめちゃ幸せでしたありがとうございます…

そうかも…と思いました。
最初から『かもめ学園の生徒』であって、どうして違う制服を着ているのか?って考えるべきなのかなと。

『カクシゴト』の扉絵には寧々と同じ制服を着ている笑顔のシジマさんが、44の怪でも寧々と同じ制服のシジマさんが学校で過ごすシルエットがあるので、シジマさんはかもめ学園の生徒と示されていると思います。

メイは絵の中でくらい愉快にやりたい、と塔の絵にストーリーを作った。
アトリエである塔の中では元気な自分が絵を描いている。
それで生まれたのがシジマさん。眼鏡をかけていて、違う制服を着ていて、髪や目の色も自分とは違う、理想の〝キャラクター〟を創造したのかなと思いました。塔の絵とその中で動くシジマさん、セットで想像した結果、塔の絵とメイとは少し容姿が違う分身ができた…ということなのかなと。

画集だと、メイとシジマさんが並んで制服を着ている絵があります…が、これもかなり謎なんです。
メイ、男子生徒のような棒タイをしているんです。シジマさんはいつも通り。
これは…もしかしたら、今度はシジマさんが想像したメイなのでは…?
シジマさんの願望なのかも…と 想像しています。

あの絵、他の花子くんの絵とはかなり違う雰囲気で素敵です。大人っぽい。

◆シジマさんの存在はある可能性を示唆してる

シジマさんの存在は、いくつかの可能性を示唆していると思います。

一つは、七不思議の噂は変わるということ。『美術室のシジマさん』はメイが生きた時代から見ても昭和後期、平成の最初の方に生まれた噂ではないかと思います。(どうして平成の最初と思うのかは最後に。)

それ以前に別の七不思議の噂があったのか、六不思議だったのかはわかりませんが、かもめ学園創立からあったわけではなさそうです。七不思議の噂は丸ごと変わったり、増えたりする事があるのかも知れない。

もう一つは、死期が近い人は怪異を生めるということ。

メイは想像力豊かなクリエイターであり、死が近づいた時に知らず知らずにシジマさんを生んだ。
シジマさんも牢屋に閉じ込められた寧々に『死期が近い人はお得なこともありますよぉ』と説明して、死期が近い人は特別であるということを言っている。

もしかしたら、16時の書庫で物凄い想像力を披露した寧々も、怪異を生めるのかもしれない。柚木普やつかさもその可能性があったのかも知れない。

あともう一つ。
シジマさんはある事をしようとして失敗した。
それは過去を変えようとした事。自分の存在を抹消したい、と塔の絵を描く前のメイを殺そうとしたけどできなかった。

あの時のシジマさんが本当にメイを殺したいと思っていたのかどうか…は微妙な所だな…と思うんですが、それは置いておいて、シジマさんが過去を変えられなかったというのは、今後、過去は変えられないという不文律があるのか、シジマさんの場合は変えられなかっただけなのか、どっちかなと思いながら読んでいます。

◆四島メイは噂に押しつぶされそうだった


寧々とシジマさんが入り込んだ、夢の中の病院でヒソヒソと繰り返される看護師の噂。
メイが『頑張らないと!』と前向きな姿勢を見せると、寧々も驚くほどのボリュームであちこちから『かわいそうね』『もうすぐきっと死んじゃうわ』と聞こえて来る。

メイは寧々とホットケーキを食べながら、『私はまだ死んだりしませんよ』と寧々の目を見て言うのですが…その背後、彼女の影の肩には噂する看護師たちの手が置かれているんです。メイは前向きな顔と悲しげな顔を交互にしています。どんなに前向きな姿勢でいても、受け入れがたい事を陰で言われる事が辛かった…それが夢に現れている。

彼女は寧々から見てもわかるほど、噂の影響を受けていた。

◆だからシジマさんは噂が大嫌い

シジマさんはメイをずっと側で見守ってきた。
メイが自分の病気だけでなく、噂に心折れていくのが見ていて辛かった…だから事実と違う噂は大嫌いで、何度も繰り返される

『フィクションなんてくだらない』

に繋がっているのではないかと思います。

このフィクション、虚構であったり、噂であったりしているあたり、事実とは違うもの全てが嫌いになっちゃってる。
自分のことも嫌いになってしまっている様子です。

◆シジマさんの境界にある絵は『クチナシ』

シジマさんの塔の絵の横には花の絵があります。

11巻の目次や、58の怪で寧々が絵の世界を脱出した後、境界にある塔の絵のキャンバスの前に出てきた時がわかりやすいです。

この花は『クチナシ』

42の怪で、ミツバが花瓶に活けているので、ミツバ用に描いたんだと思います。
この花、上で描いた二箇所以外にちょこちょこ出て来ているんですが、シジマさんの気持ちを反映しているんじゃないかな…と思います。

シジマさんは噂が嫌い。
だからクチナシを『口無し』に読み替えて〝噂なんて無くなってしまえばいい〟と思っているのを表しているのでは…と思います。
噂が無くなったら自分も消えてしまうのに。

あともう一つ、エソラゴトは『話すことで分かり合える』結末だった。
花子くんと寧々、メイの言葉に救われたシジマさん、光とミツバ。
この花はミツバが活けていた冒頭から『話さないと何も分からないよ?』とメッセージを出していたのかなと思います。

…この花、クチナシじゃなかったらどうしよう。

◆どうして花子くんの事が嫌いなんだろう

シジマさんは花子くんの事も嫌い。
11巻裏表紙で『大っっっ嫌いですよぉ』と言っている。
なんでそこまで嫌いなの…!?

自分はこう解釈しています…シジマさんは彼のこと

『口からでたらめばっかり言っている』

と感じているんじゃないかなぁ

人が人を嫌いになるの、理由なんて無い時が多いので…あくまで自分の感想です。

⭐️メイが平成の最初の方の人、と思う理由について

メイは昭和後期、平成の最初の方の人ではないかと思っています。その理由は、寧々とパンケーキ食べている時にメイちゃんが使っていたもの。

出典:地縛少年花子くん©あいだいろ

これ、写ルンですでは…!?

✴︎説明しよう!その昔、携帯電話がテレビのリモコンみたいな形だった時代、写真を撮ろうと思ったら写ルンですという簡易カメラを買うかフィルム式カメラを使うのが一般的だったのだ!

もしもうちょっと後の時代の人だったらデジカメか、病院がスマホNGじゃなかったらスマホを取り出すんじゃないかと思うんですが、夢でコレを使っているという事は日常的に使っているんじゃないかと思うので、メイは平成初期の人予想をしています。
⭐︎コメントでもいただいていますが、学生証の生年も解読できるようです。

  • 一つで30枚くらいしか撮れなかったよね。
  • たくさん撮りたいときは2コ3コと買っていくんだよね。



+10

メッセージを送る

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

お名前は自由に変えてください。そのままでも大丈夫です

いただいたメッセージ
(ありがとうございます)

  1. こちらでははじめまして。
    すごい…の一言しか出てきません!色んなことがすっきりしました。
    特に、死期が近い人間が怪異を作れるというところ、わかってはいたのですが、寧々ちゃんや柚木普が作れる/作ったかもというところに衝撃を受けました。
    もしかしたら花子くんは柚木普が想像から作り出されたものだから、生前の土籠先生の「成績も良くない~」などの話や先生がツイッターで言ってた「運動神経良くない」の話となんだか一致しないのかも?なんて思い始めました。
    メイちゃんは学生証が描かれているコマに生まれ年が書かれていますよね(^-^)追記が楽しみです!
    失礼しました。

    1. よもぎうさん、こんにちは。
      完全に我々の妄想考察を読んでくださってありがとうございます…!
      たしかに花子くん、あまねと印象違うの不思議です。あまねが生んだ可能性あるのかも。
      私はそれぞれが怪異を生んだら…
      寧々はキラキラネームのイケメン怪異!
      あまねはロケット乗った闇系怪異!
      つかさは…放送禁止状態のスプラッタあまねみたいなの出てきそう…
      と思っているのですが…私はもうちょっと真面目に考えるべきなのかもしれない…
      シジマさん学生証ありますね!全然数字が読めなかったですが、昭和ですね!

      1. やるさん、お返事ありがとうございます!
        しつこくてすみません…💦
        怪異を生んだらの想像、とっても面白いです!そしてわかるわかるってなりました(笑)(寧々ちゃん、サファイアラグナロクとか名付けそうですよね…!)
        すみません、本題を…。メイちゃんの学生証ですが、電子書籍で目を凝らして、昭和58年か、59年に見えるなあと思ってました。それだけお伝えしたくて…!もしかしたら違う風に見える方も勿論いるかもしれませんが…!
        これからも考察楽しみにしてます。何度も失礼しました。

        1. ありがとうございます!
          サファイアラグナロク、名前だけ聞くとつかさにも勝てそう…!!
          学生証見てみました…確かに58年っぽい!
          どちらかというと59より58っぽいですね。
          正直、もう少し前の時代かと思ってました。
          若干心許なくなっていますがもう少ししたら追記しておきます✨

  2. コメント、お邪魔します。
    えっと、霊力の高い人は
    怪異を生み出せる?という考察を
    全否定する訳じゃ無いんですけど…。

    私個人の意見としては、
    3巻で土籠先生の依代破壊後の

    「柚木 普は俺が知る未来を変えた
     唯一の人間だ(中略)
     今でも七不思議 七番目の怪異として」

    という台詞の通りなら、
    普くんが花子くんという怪異を生み出したー
    という可能性が下がるかなぁって^^;

    でもつかさくんの「ホントに?」が
    土籠先生が嘘をついているかもしれない伏線っていう可能性も無いとは言い切れないので…。

    1. やえさんこんにちは!コメントありがとうございます😊
      わかりにくくてすみません…今回の考察、あくまで『死が近い人は怪異を生める可能性がある』というだけで、寧々やあまね、つかさは怪異を生んだかどうかまではさっぱりわからないんです…。
      今後何かあるかな?と楽しみにしている設定なんです。
      寧々からイケメン怪異生まれてこないかなって…

      1. コメントありがとうございます!
        寧々ちゃんの理想から生まれるイケメン怪異…。
        気になりますね(^^)

  3. こんにちはー。度々お邪魔してすみません…。
    よもぎうさんの「生前と印象がだいぶ違う」謎は私も気になってました。ただ、やえさんの言うように土籠先生が「柚木普。生前の七番だ」みたいに言い切っているので、私も「花子くん=柚木普」である、とは思います。
    生前と印象が変わっていると言えば、ミツバもなんですよね(少なくとも中等部在学中の柔らかい印象は見えない)。幽霊になると、抑圧されたものや隠された本性が表に現れるのかな…?

    ところで、「大っ嫌いですよぉ」もそうなんですが、七番様、七不思議に嫌われ過ぎでは…。今のところ、土籠以外に友好的な怪異いないですよね…。

    1. さんかくさん、こんにちは。
      楽しい考察ありがとうございます!
      花子くん、本当に何故あんなに嫌われているんでしょうか…。
      七不思議が花子くんを嫌う理由を紐解いたら花子くんがわかるのでは!?と思って考えたことがあるんですが、
      ヤコが花子くんを嫌う理由はなんだろう…

      …恋愛体質だから?

      で止まって撃沈でした。全然わからなかったです。

      1. なんだか、全員バラバラな理由で嫌っている気配はあるんですけどね…。謎過ぎる…。
        まぁ、ヤコさんのタイプとは真逆っぽいですよね、花子くん。子供だし、叱ってくれるというより叱られる側な気がします。子供だし。「柚木先生」になってたら、気に入ってくれたのかな?
        ヤコさんは、夏祭りで光の涙を拭いてあげてたり、面倒見の良いお姐さんなんですけどね…。

    2. 13巻の表紙裏とか7番様週間の案について説明してるときカコに「解散!!」って言われてた…。こりゃ相当嫌われてるな。うん。

  4. こんにちは!お邪魔します。
    あの…私の妹と一緒に発見した伏線(?)なんですけど、3巻の花子くんのセリフで、
    「どうやらこの七人の中に裏切り者がいるらしい」
    というセリフの背景の七番の杖代が黒杖代なのと、「封」の札がないんですよねー…
    あと、「七人」というのも気になります…
    (3人の時計守がいるので…)
    ここから私が考えたのは、花子くんはつかさくんから七不思議の席を奪った可能性があるのではないかと…
    これだと、花子くんが他の七不思議に嫌われているのも少しつじつまがあう…はず…です…

    1. やまのこ。さん、こんにちは!
      私全然この時黒杖代が映っているの気がつかなくて、
      これまたtwitterで教えてもらって仰天しました。
      やまのこさんと妹さん、ご自分で気付いていらして凄いです…!
      なるほど、元はつかさが七不思議で、花子くんが何らかの目的で奪ってしまったとも考えられますね!

      つかさの依代はなんだったのかな〜と想像してしまいます…!

      1. やるさん、こちらでも返信ありがとうございます!
        これまたTwitterで…!(速い…!)
        つかさくんの依代は分かりませんが、もしかしたら花子さんはつかさくんか七峰先輩がやっていたけれど(七峰先輩も黒杖代を操っていたので)普くんの「ねねおねーさんとまたあえますように」の短冊を叶えるために花子さんになったのかも知れないですね!
        (怪異は噂に逆らえないので)
        そのため、「花子さん」は数人いるのかも知れないです!
        (個人的な解釈です。)

  5. すごいです!
    いろいろ納得しました〜!
    最近読み直したのですが
    メイちゃんの病室番号が440なんです!
    4がいっぱい…四番を表しているか、メイちゃんの死
    を意味しているか
    どうなんでしょうね…
    病院に4って不吉ですね…

  6. メイちゃんが大好きなので、なるほどぉ〜と思いました。次は、桜ちゃんの考察が知りたいです。

    1. ありがとうございます!
      私もメイちゃん大好きです…!桜ちゃんも難しさナンバーワンですが、いずれは。

  7. メイちゃんが大好きなので、なるほどぉ〜と思いました。次は、桜ちゃんの考察が知りたいです。

  8. メイちゃんが大好きなので、なるほどぉ〜と思いました。次は桜ちゃんの考察が知りたいですあと、日向夏彦も。

  9. 桜って、何で一人だけ夏服着てるんですかね・・・?

  10. シジマさんのお話(エソラゴト)読み返せた~♪(お勉きょサボりつつ)(花子くんの最終話想像して漫画描きつつ)でもほ~んとシジマさんの事知ったら花子くんの事凄く知りたくなる…。 最新話楽しみ!DVDの下巻発売嬉しい!   ほんっっっっっとに2期きてほしい…。    (最終的にオタク丸出し)((笑)

  11. 【四島メイのメモ】
    ・昭和58年生まれ
    ・カモメ学園の元生徒
    ・高等部3年E組
    ・七不思議4番シジマメイ(美術室のシジマさん)
    をうみだした張本人。
    ・美大を目指して頑張っている。
    ・病気で病院に入院しているて、「きっとよく な る!」と希望を持っているように見せかけ て「もうすぐ死んでしまう」という噂に心が 折れてしまっている。

  12. エソラゴトで四番のシジマさんが茜と葵をカッターで絵をバラバラにさせたのって、何げに気になるんだよね。

    何でか葵と茜の二人だけが、彫刻みたいになったのは今の展開に繋がる状線だったのか、花子くんが半分シナリオ通りに持っていかせて二人を狙ってシジマさんに頼んだのかなぁ。