エソラゴト編考察:シジマさんの『塔』について

エソラゴト編の後半の舞台である、美術室のシジマさんの『美術館』である塔。外から見るとワイヤーフックがあるし、中に入れば牢屋あるし、一体何をするための場所なのか考えるとちょっと怖くなる建物です。



◆一階は『聖堂』

寧々たちが最初に足を踏み入れる、シジマさんが待ち構えている『美術館』…コウモリ天井で奥に祭壇がある、この広々としたスペースは教会や聖堂なんじゃないかと思います。祈りを捧げる信者が居ないかわりに、壁に人の絵がかかっています。

おそらく、今までシジマさんが絵を描くことで閉じ込めたか、寧々たちに出したような難題を突きつけた相手。シジマさんは四番の役目として、彼ら相手に絵を描き続けてきた。ここはシジマさんが淡々と描いてきた彼らの面影を残してある、司教も信者もいない聖堂なのではないかと思います。

◆シジマさんの塔はタロットの『塔』

このエソラゴト編の象徴の『塔』、なぜお城でもなくアトリエでもなく塔なのかというのは、タロットカード大アルカナの『塔』から来ているためではないかと思っています。

タロットカードの『塔』は簡単に言うと凶。
タロットカードは上下ひっくり返って出ると意味が変わり、悪いカードも良い意味になったりしますが、塔だけは正も逆も良い意味ではありません。意味は正位置で『破壊、崩壊、惨事』といった〝何かが壊れてしまう〟というニュアンスの内容。

ただ、この強烈な〝壊れてしまう〟イメージから、逆位置では〝完全崩壊するけど新しく何かが始まる〟という意味でとらえられる、破壊と創造のカードでもあります。完全な崩壊の後に希望の芽があるかもしれないよ、みたいなイメージ。

エソラゴト編は花子くんと寧々たちが対立していったん関係が壊れ、再構築される形で終わりました。この塔がもしタロットカードから来ているのであれば、その後の物語に希望があるのではと思っています。

なお、どうして童話や名作のオマージュじゃなくてタロットだと思うのかというと、光が雷を落としたからです。タロットカードの『塔』は雷が落ちているシーンが描かれます。光の特大の雷はまさに大アルカナの『塔』だったと思う。
あと最後に花子くんの手で全員が放り出される点も、塔のカードみたい。
塔のカード、人が放り出されているんです。

ちなみにタロットカードはバージョンがあるらしく、『塔』を『神の家』としているものもあるのだとか。そちらは『病院』という意味合いも含むらしいです。

◆寧々が塔を脱出した後、シジマさんは何を描いていた?

寧々がエソラゴトの世界を脱出した後も境界で絵を描き続けていたシジマさん。
その時彼女はスケッチブックに何か描いていました。ちょうど、夢の世界の四島メイが登った空に浮かぶ階段のようなものです。

何を描いていたんだろう…脱出口のようだけど、寧々が依代を壊せば閉じ込められた人は元に戻ると言っていたし、描く必要ないのでは…。

自分は、シジマさんは花子くん用の出口を描いていたのではないかと思います。
寧々が依代を破壊すれば中の者は全員元の場所に戻りますが、その前にせめてもの敬意で用意したんじゃないのかなと。

シジマさん、花子くんにいちいち説明しなさそうだけど。出たいんなら出口は自分で探してくださいとか言い残してどっか行きそう…。なにしろ『大っっっ嫌いですよぉ』(11巻裏表紙)だからなぁ…0巻では4番花子くんの事好きだったんだけどなぁ…(このへんは花子くんの孤独感強調するために設定変わったんじゃないかなーと思ってます…)


この塔が破壊だけじゃなくて、再生とか希望がある意味を含んでいるといいなーと思います。

  • シジマさんの塔ってだんだん変形してるよね… 最後、パーツが離れて浮いてる。
  • タロットの塔は16番目のカード。4が4回!

+6

メッセージを送る

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

お名前は自由に変えてください。そのままでも大丈夫です

いただいたメッセージ
(ありがとうございます)

  1. 本当、素晴らしい考察をありがとうございます😂
    愛してますーッ!!

    1. えっえっどこですかどこですかーーー!!茜くん『星』の人だよねーー!?

      1. 怪盗花子くんのですよね?
        「運命の輪」に見えます。あと2枚は何でしょう…
        星ではなさそうですが…

        1. 「運命の輪」のカードは、モイライという三人組の女神がもとになっているそうです。
          ギリシャ神話における運命の三女神であり、三姉妹でもある。
          「運命の糸」を紡ぐのが現在を司る女神、クロートーで、その糸の長さを計るのが過去を司るラケシス。
          さらにその糸を未来を司るアトロポスがハサミで切り、このようにして人間の寿命を決めているそうです。
          この三女神って時計守のモデルだったりしますかね?

          1. 現在の司る時計守って茜のことではないでしょうか?

            最終的に時計守が花子くんと寧々の寿命を、どうやって生かすってことかなぁ?

    2. 茜のタロットカードってコラボカフェの衣装したのだよね?
      三人の時計守だから、タロット三枚を持っている?

  2. あー!!
    塔と雷のシーンを見て思い出しかけたのこれだぁぁぁぁ。
    そうだよタロット!大アルカナの塔のカードだ!(タロットはあんまりやらないけど塔のカードだけ不吉すぎたので覚えてた。)