16時の書庫の本の謎

この物語の一番のミステリー(だと思っている)、16時の書庫の本の謎。

どうして柚木普だけ本の通りの人生になっていないのか、せっかく考察しているんだしぜひ挑戦したい!と思うんですが、…矛盾しない答えに辿り着ける気がしない…(遠い目)

“16時の書庫の本の謎” の続きを読む

4巻メモ 16 人魚姫 其の一

4巻 第16の怪 人魚姫のメモです。

扉絵、左右対称に寧々と花子くん
寧々は人魚の手に、花子くんは学生服の誰かの手に引かれている
寧々は花子くんを見ているが花子くんは手の主を見ている
背景の真ん中に縁を結んだ人魚の鱗の袋
花子くん側に椿が二輪 片方赤く、片方白い

“4巻メモ 16 人魚姫 其の一” の続きを読む

第63の怪 死神の生贄 メモ

第63の怪 死神の生贄のメモです。



扉絵、花子くん、寧々、蒼井茜 vs 源光、ミツバ、源輝が雪合戦している
輝のもっけ(もっけオブデッドで助けられたやつ)、花子くんに石投げる気満々
土籠は寒そう、ヤコは雪で遊んでる
場所は旧校舎門前、花子くんが源輝にバチバチされたりエソラゴトで思い出深い場所
まさか一緒に雪合戦する日が来るとは。

“第63の怪 死神の生贄 メモ” の続きを読む

3巻メモ 14 16時の書庫 其の四

16時の書庫のメモです。

『いい加減話しちゃくれんかねえ
毎日毎日…誰にやられてる?』

『…』

『まぁただんまりか』
土籠、ため息をつきながら手当てを続ける

『お前は一年の時からこうだな
怪我は減らねぇ
友達はいねえ
授業はサボる

聞いてんのか?

柚木ゆぎ あまね

普『土籠先生シツコイ

ぷいっとそっぽをむく

“3巻メモ 14 16時の書庫 其の四” の続きを読む

3巻メモ 13 16時の書庫 其の三

3巻メモです。

花子くん&光
『じゃあ土籠の依代を壊しにレッツゴー!』
『よっしゃあ行くぜ!!』

土籠『待った

土籠、花子くんと光、ヤコをつかまえる

『お前らは通さん
この先に入っていいのはそこの依代を破壊するカンナギの娘だけだ』

“3巻メモ 13 16時の書庫 其の三” の続きを読む

3巻メモ 12 16時の書庫 其の二

16時の書庫のメモです。

土籠が寧々に迫っている
『ほォら どうする?
言うのか言わねえのか
オレはどっちでもいいんだぞ?』

『言う、言います!私の秘密はっ…!』

時は遡って数十分前

“3巻メモ 12 16時の書庫 其の二” の続きを読む