47の怪の扉絵:星座が見える気がする…

エソラゴト 其の七の扉絵の小ネタです。
図で説明しないとわからないな…と思いましてこう…
ここらへんにこの人がいて…こんな感じ!!
という図を描いたんですがわかるかな。
わかるといいな。…こんな感じ…!!!

“47の怪の扉絵:星座が見える気がする…” の続きを読む
+6

何かが正しくて何かが間違っている・お茶会編の『ほんとにィ?』について

5巻から始まる、お茶会編の考察その2です。
その1はこちら(突拍子もない事を言っているので注意)

“何かが正しくて何かが間違っている・お茶会編の『ほんとにィ?』について” の続きを読む
+8

4巻メモ 20 ミツバ 其の三

ミツバ 其の三のメモです。

扉絵、寧々、花子くん、ミツバ、光が寝転んでいる→こっちでこれなんだろなって考えています
第20の怪の扉絵の考察-花子くんとミツバは目を覚まし、寧々と光は眠る 花子くんが見つめているのは何?  

“4巻メモ 20 ミツバ 其の三” の続きを読む
+1

ずっと考えていてこけた考察:つかさってあれなんじゃないかなと思っていた

しばらく考えていたけどコケた考察があります。
自分は本当にコレなんじゃないかな…って思ってたんだけど。

先に言っておきます…この考察は…後々矛盾に気付いたヤツです…!

これは次の4つの理由から考えてました。
どれか一つでもコケるとダメになる。

では、いってみよ。

“ずっと考えていてこけた考察:つかさってあれなんじゃないかなと思っていた” の続きを読む
+11

旧校舎のモデルと柚木兄弟の服装

地縛少年花子くんの世界観は章ごとにちょっとずつ変えてある印象がありますが、ベースは明治・大正ロマンなのかなと思います。
その雰囲気作ってるのはやっぱり花子くんの住処の旧校舎と柚木兄弟の服装。
今さらだけど勝手に思ってる事まとめておこうと思う。

“旧校舎のモデルと柚木兄弟の服装” の続きを読む
+9

ミツバについての考察

ミツバについての考察です。
アニメ、ついにミツバ出てきた…!
マンガ読み直していたらミツバについてのメモがたまっていたのでまとめておく。
『ミツバ』編以降のネタバレを含んでいるのでご注意ください。

ミツバは光と出会った時の姿と昇降口の首折りさん、そしてもう一つ…と三つの姿があります。

それぞれのミツバについてこれそういうことなんじゃないかな…と思う事をメモ。どんどん外見が変わってくので外見中心の考察になってしまった。

“ミツバについての考察” の続きを読む
+13

4巻メモ 19 ミツバ 其の二

扉絵、左から横尾、佐藤、光、三葉が風が吹き込む賑やかな教室でお喋りしている写真
光と三葉の間が破れており、三葉だけ離れ離れになる事を暗示しているよう
手前に写真が舞っており、それぞれ何気ない日常写真
アサガオ、鳥の雛、校舎?、誰かの足
三葉が大切にした瞬間だろうか

“4巻メモ 19 ミツバ 其の二” の続きを読む
+2

4巻メモ 17 人魚姫 其の二

4巻 第17の怪 人魚姫のメモです。

扉絵、花子くんが自分と同じ背格好の影に口を抑えられている 紐でがんじがらめ
椿が半分白く半分赤い

魚になってしまった寧々、ハリセンボンに語りかけられる

寧々は軽率で、足が太く、オスを見る目もない圧倒的恋愛敗者…

次々と的を射た事を言うハリセンボンの瞳が十字のようになり、寧々はその目を見てぼうっとしてくる

“4巻メモ 17 人魚姫 其の二” の続きを読む
+3